FC2ブログ
RSSはこちら

日々、SS

やる夫スレ、SSの紹介をします。このサイトはリンクフリーです。どのページにでもご自由にリンクをお貼りください。相互リンクを希望される場合は、ご連絡ください。

  • 2013⁄03⁄06(Wed)
  • 13:37

真・女神転生Ⅲ~悪魔美少年人修羅~

真・女神転生Ⅲ~悪魔美少年人修羅~
メガテン3が原作のやる夫作品。
メガテン3自体はやったことがないのですが、読んだかんじでは東京受胎という儀式により悪魔が満ちた世界が舞台。
その新たなる世界を支配するコトワリを決めるために、それぞれ三つの勢力に分かれ争います。
ルシファーにより人修羅として転生した主人公がその争いに巻き込まれていくというのが大体の流れ。
今作では人修羅役が銀河美少年ツナシ・タクト、その圧倒的なイケメンオーラが人修羅となることで極限まで上昇。
爽やかすぎてオーラが光りとなり無自覚に発光、ザコ悪魔は近寄っただけで消滅。
さらに、アニメそのままのノリで悪魔会話を行う為相手悪魔を強制的に仲魔に。
最初は人修羅無双を醒めた目で見ていた仲魔達だが話しが進むにつれ感化され、タクトと合体技を放ったり一緒に決めゼリフを言うまでに成長。
スタドラ風の熱血?展開で最後まで駆け抜けた作品でタクトの余りのイケメンっぷりに作者自身にダメージ、苦しみながら書き上げたのがよくわかる作品。
category
やる夫スレ
  • 2013⁄03⁄03(Sun)
  • 16:37

絶対正義は鴉のマークと共に

絶対正義は鴉のマークと共に
にじファン消滅と共に読めなくなっていた本作。
ハーメルンに移転予定ということで期待して待っていたのですが長い間音沙汰なくエタったかと思っていたのですが、この度復活したので紹介したいと思います。
内容としては東方の霊烏路空の姿でワンピースの世界にtsトリップした主人公が、海軍に入りその圧倒的な核融合を操る程度の能力により海賊たちを殲滅したり、原作キャラにトラウマを与えていくお話。
トリップ当初は主人公の意識もまだしっかりしており保身のために海軍入りを決意します、しかしその意識もお空の鳥頭により回を重ねるごとに薄くなっていき後半では完全にアホの子化。
能力が核ということでロギア系と相性がよく、マグマや光そして氷を操る三大将は核に効果があるはずもなくフルボッコ、逆に体術を殆ど収めていないためゾオン系には逆に弱いというアンバランスさ。
またその実力からスピード出世、しかし鳥頭から戦闘以外全くこなせない為部下たちが必死にフォローに回ります。
トリップした時代が原作開始の数年前であるため、海軍としてバスターコールやマリージョアにおけるフィッシャータイガーの反乱鎮圧に参加。
その為幼少期のロビンやハンコックのトラウマとなり着実に麦わらの一味との敵対フラグを重ねていきます。

category
ワンピース
tag
TS
  • 2013⁄02⁄27(Wed)
  • 05:51

勝手に落下(ネギま!)

勝手に落下
ネギまの原作開始前、ナギ世代の魔法世界に転生した主人公。
魔法を使ってモノヅクリをする家系だったことから自らもその道に。
しかし腕は確かなのだが作ろうとしたものと出来たものが違いすぎる。
防腐剤を作ろうとすればそれを食べた生き物がゾンビ化しバイオハザードを引き起こしたり、四次元ポケットを作ろうとすれば何故か身体が異界と繋がり絶えず悪魔が湧き出す人外へと変貌。
客の一人がその防腐剤を買い連合の村を壊滅させたことから、帝国からスカウトをうけ連合との戦争に巻き込まれていきます。
主人公は勘違いものっぽい雰囲気を出しているが間違いなく諸悪の根元。
主人公サイドの仲間が防腐剤入りの人参を食べゾンビ化した元ウサギ、現恋姫の張勲似の美少女カイウさん、主人公の身体から湧き出した上級悪魔公爵さん、帝国の鬼神兵をもとに作り上げた巨神兵(腐ったver)である花子そして大量の悪魔とゾンビ達と余りにも凶悪すぎる。
さらに帝国からの招集の際、最初の掴みが大切という事で笑いをとるためにともだちマスクをかぶり公爵さんから送られたスーツを来て行ったところネタが理解されるはずもなく邪悪なオーラを放つ怪人物に。
紅き翼とも敵対し何時の間にか帝国を操る影の黒幕ポジに。
紅き翼との最終決戦という所でエタってしまった非常に残念な作品。
category
その他のSS
  • 2013⁄02⁄24(Sun)
  • 14:23

san値直葬? 何それ美味しいの?(リリなの)

san値直葬? 何それ美味しいの?
クトゥルフ要素満載のリリなの作品。
神様転生でリリなの世界に行くこととなった主人公、しかしその神様というのがよりにもよって邪神アザトース
必死に邪神の狂気に耐え正気を保とうとするがジュエルシードにより引き起こされた悲惨な現場を目の当たりにしてsan値チェック失敗、邪神の眷族と化します。
一応行動原理は世界の危機を救うこと、その為ジュエルシードを集めアースラ組やフェイト達を世界の異物として徹底的に排除。
やってることは意外と正しいにもかかわらず、そのあまりにも醜悪な見た目から完全に悪役ポジに。
他にもギルガメッシュや七夜の能力をそれぞれ持った転成者が二人いるが敵対関係に、直死の魔眼でも死が捉えられなかったりと主人公が異質すぎて全く歯が立たず、戦闘の度に異形と化し邪神の技を使う主人公により皆san値直葬されて行きます。
唯一なのはだけ持ち前の強い精神力でまともだが、他の登場人物全員がどこかしら狂気に犯されていきます。
フェイトなど既に手後れ、完全に病み復讐のため主人公を執拗につけまわします。
一期は主人公の影響でかなり悲惨な状態で終了しそのままの勢いで二期に突入、ますますこれからが楽しみな作品です。

category
リリカルなのは
tag
グロ鬱展開
  • 2013⁄02⁄21(Thu)
  • 14:39

東方狂宴録

東方狂宴録
ワラキアの夜の姿で幻想入りしてしまった主人公、訳もわからないまま霊夢に保護されてそのまま人里で教師をやることに。
中身が別人であるため初期段階ではワラキア本来の能力は使えないが分割思考や吸血鬼の強靭な肉体で困難を乗り切るズェピア。
また、セリフも肉体に引っ張られたためか芝居がかった口調に。
その為中の人は一般人にも関わらず妙に大物っぽい。
現在それが原因でゆうかりんとバトルになりそう、今一番盛り上がってるところで次話が楽しみです。
また、人里で教師をやる傍らで副業て万屋稼業を始めるズェピア、主に妖怪退治をして生計を立てます。
その際、稗田阿求を妖怪から救いフラグを立てます。完全に恋する乙女な阿求が可愛い。
category
その他のSS