FC2ブログ
RSSはこちら

日々、SS

やる夫スレ、SSの紹介をします。このサイトはリンクフリーです。どのページにでもご自由にリンクをお貼りください。相互リンクを希望される場合は、ご連絡ください。

  • 2013⁄01⁄29(Tue)
  • 05:55

ゆっこ「魔法少女!ゆっこマギカ!参上!なんつって」QB「」 他

ゆっこ「魔法少女!ゆっこマギカ!参上!なんつって」QB「」
日常とまどマギのクロスオーバー作品。
些細な願い事の代償として魔法少女になったゆっことみおちゃん、魔女との戦いに巻き込まれて行きます。
どんどんヤバイ状況になっているにも関わらず日常キャラだとギャグにしかならない。
ノリツッコミが冴え渡ってるみおちゃんやソウルジェムを家に忘れ動かなくなるゆっこ、そして相変わらず何を考えているのかよく分からないまいちゃん。
原作のノリがうまく表現されており面白い作品です。

ジョーンズ「この惑星の魔法少女と呼ばれる職業は、とにかく大変だ」
BOSSコーヒーのCMでお馴染み、宇宙人ジョーンズがまどマギの世界に。
CMのノリでショートショートが展開され、街の至る所で出没するジョーンズ。
ゲーセンでダンレボやってたり、医者として登場したり、何時の間にか学園の教師に成ってたりとフリーダムすぎる。
シリアスシーンでもこの人が居るだけてシュールな光景に。
中々カオスな展開だが最後には魔法少女達をちゃっかり救っているのが格好いいです。
スポンサーサイト



category
その他のSS
  • 2013⁄01⁄26(Sat)
  • 20:47

しゅらばらばらばら【ネギま】

しゅらばらばらばら
青山の家に生まれた転生主人公が自分の才能に酔いひたすら剣の道に邁進した事により、一人の修羅となった男の物語。
神鳴流の汚点として原作開始時には禁忌扱い、青山と聞いただけで神鳴流剣士が震えだすレベル。
斬るという行為を極め概念でさえ斬り捨てる主人公、FATEの英霊として出てきても可笑しくないキャラ。
カオスな聖杯戦争という安価スレで邪神を切った切り裂きジャックがいたがそんな感じの強さ。
そんな彼がネギのボディーガード兼用務員として麻帆良に来たことから原作のほのぼのとした雰囲気が一転、彼が登場するだけでラスボス戦のような絶望感。
自分を倒すことができる才能を持ったネギに惚れ込み、ネギを修羅道に堕とそうとする青山。
彼を起点に、次々と悪い方向に原作隔離していきます。
ヒラコー作品と化している世界観、ネギはどんどんズタボロになっていくし登場人物は容赦なく死んでいきます。
エヴァなど青山との戦いで覚醒しロリカード化します。
category
未分類
tag
鬱展開グロ
  • 2013⁄01⁄23(Wed)
  • 19:23

やる夫のメタルマックス的な何か

やる夫のメタルマックス的な何か 
脳筋キャラばかりで行くメタルマックス原作のやる夫作品。
巨漢で腕っ節が強く見るからに職業レスラーにも関わらず、ロマンを求めてハンターを目指すやる夫。
そして、剣の腕前は一流だが鳥頭でアホの子なソルジャー水銀燈
この二人がptを組み冒険を始めます。脳筋二人であるため、戦闘は考えなしにひたすら突貫。
途中、車両が見つかり本人達は戦車と言い張るが明らかにただの軽トラック
その為、武装を装備することが出来ずとにかくパネルを貼りHPを上げ敵を轢殺。
旅をするうちに仲間が増えギルドを作ることになるが仲間になるキャラがみな奇人変人ばかり。
ロリコン紳士なシャアや、やる夫に惚れてるできる夫、そしてこれまたメカニックにも関わらず脳筋キャラであるレッドさん。
唯一のツッコミキャラがシャアの妹であるさやかちゃんだがアクの強すぎるメンバーたちに振り回されてばかり。
メタルマックスの二次作品は大分ぶっ飛んだ作品が多いが、その中でも異彩を放ってる作品です。
category
やる夫スレ
  • 2013⁄01⁄21(Mon)
  • 16:00

SAOってネトゲにツインテ幼女のBOTかませてコンビニ行ったら大変なことになってた

SAOってネトゲにツインテ幼女のBOTかませてコンビニ行ったら大変なことになってた
【第一部感想】
人工無能BOTである幼女を安価で操作しアインクラッドを攻略する作品。
スレ民は幼女に指示を与える『おとうさん』を介して行動を決めるが毎回予想外の行動をとる幼女ミルティアラ
パートナーとしてカザネというオリキャラが登場するが、キャラ設定や容姿を安価によって決定したことによりどんどん残念なキャラに。
最初は気弱な剣道少女だったはずが途中で中ニ病を発症し、戦闘終了時にはポーズまでとる始末。
また、ミルティアラもカザネの行動をマネし始めまちがった方向に成長して行きます。
第一部ではクライン達、風林火山と共にLevel上げ、クラインがカザネにフラグを立てたりと色々面白い。
カザネやクライン達と旅をして行くうちにミルティアラに次第に自我が芽生えて行きます。
category
ソードアートオンライン
  • 2013⁄01⁄19(Sat)
  • 10:04

魔王様げーむ【ラノベ】

メガミ文庫で発刊されていた作品。
あらすじとしては、魔王討伐の為に魔界にやってきた貧乏貴族のレイモンド。
しかし魔王ディンゴの部下であるメイド達に速攻で返り討ちにあってしまいます。
無類の女好きであったディンゴはレイモンドを殺すのではなく、美少女レモンに性転換させ自分のメイドに加えてしまいます。
TS美少女レモンと魔王そしてメイド達を交えたドタバタラブコメディ
シリアス展開も殆どなくサクッと読め、イラストもぷちえゔぁで有名な濱元隆輔さん、そして何よりレモンが可愛すぎる。
その為、お気に入りのシリーズだったのですが肝心のメガミ文庫自体が原因はよく分からないのですが見かけなくなり新刊はほぼ諦めていました。
しかし、この度hontoという電子書籍販売サイトで新刊が販売されていることを知り狂喜乱舞。
これまで電子書籍は買った事がなかったのですが即登録してダウンロードして読んでます。
またamazonの方で値段を確認してみたところ中古品しかなく全て4千円超とプレミアが付いていてなかなか焦りました、今買うなら定価より安い値段で買える電子書籍版をおすすめします。

category
雑記
tag
TS
  • 2013⁄01⁄16(Wed)
  • 06:06

やらない夫のさいきょースカイリム 

やらない夫のさいきょースカイリム 
スカイリムの同胞団クエを題材としたやる夫作品。
幼い頃にマリオに救われたことでその姿に憧れ最強を目指し修行を続けてきたやらない夫、拳一つで戦い実力はなかなかのもの。
そんな彼が最強を目指す為に同胞団に所属し、人狼とシルバーハンドの争いに巻き込まれていきます。
原作通り、同胞団は皆脳筋だが義には人一倍厚いイイやつばかり。
相棒のクロコダインや佐倉杏子とともに同胞団の一員として成長して行くやらない夫。
彼らと戦っていくうちに最強とは何かという答えを見つけていきます。
9話完結で後半の盛り上がりが熱い。
デイドラの王ハーシーンとの暗躍や、やらない夫の憧れの人の真実、そして同胞団の導き手ユパ様の死亡など原作では地味だった同胞団クエが非常に熱くなっている。
マリオからやらない夫そして次代に受け継がれる同胞団の「最強」、答えを出したやらない夫による最後のセリフが最高にカッコいい作品です。
category
未分類
tag
やらない夫主人公
  • 2013⁄01⁄15(Tue)
  • 04:14

一万円Offの聖杯戦争

一万円Offの聖杯戦争
一万円offという言葉に釣られて何の企画かも分からずに応募したところ聖杯戦争に格安で参加できるサービスだったというお話。
お値段相当のしょぼい聖杯戦争、出てくるサーバントも英霊ではなくちょっとイイ事したタダの一般人。
やる夫とサーバント山本による聖杯戦争業界の世知辛い現状を話し合うスレ
微妙に噛み合わないやる夫と山本のズレた会話が面白い。
肝心のバトルパートはキング・クリムゾン、なんだかんだ言って最後には息の合ってる二人、値段の割には満足しているやる夫が和みます。

続編パートでは前回でハマったのか30万円コースの聖杯戦争にやる夫が参加します。
サーバントからしていきなりタマモが来るなど前回とはうってかわって普通の聖杯戦争、メインは前回と同じくやる夫とタマモの会話、一応魔法が使えたりするが真名はやはり微妙。
そしてバトルパートも前回と同様キンクリ、しかし今回は相手の英霊もかなりまともだったらしく普通に聖杯戦争しています。
優勝賞品も豪華で戦争後もタマモと旅行に行ったりと大満足のやる夫、30万でこれだけ充実した休暇が送れるのならかなりお得なプランなのかもしれない。
category
聖杯戦争
tag
コメディ
  • 2013⁄01⁄12(Sat)
  • 18:25

レジアス「儂の部下が最強過ぎて困るんだが」

レジアス「儂の部下が最強過ぎて困るんだが」
レジアス中将と彼に拾われ地上本部で働く事となった少女を中心に繰り広げられるギャグ作品。
始めは単発ネタの予定だったが、人気も出てきてシリーズ化しそう。
リンカーコアも存在せず魔法も使えないのにとにかく最強な少女、感想欄にこの作品を読むとアラレちゃんを連想すると書いてあったが、まさしくそういった強さ。
彼女のおかげで逮捕率ほぼ100%と明らかに戦力過多な地上だが無駄に強すぎるため犯人は常に半殺し、しかしギャグ時空が発生しているため壁にめり込んだり、星になって吹っ飛んでいったりするため死者はゼロ。
問題を起こしてくる少女に対し頭を痛めるレジアス中将、やり過ぎて叱られる娘とツンデレなレジアスお父さんの関係が和みます。
また原作では非常にカマセっぽいイメージのある地上本部ですが少女がいる事で恐怖の対象となり、機動六課からも恐れられます。
category
リリカルなのは
  • 2013⁄01⁄10(Thu)
  • 19:23

やる夫サイト閲覧アプリ紹介

最近iPhoneでやる夫サイトを見る事が多くなってきたので、お気に入りの閲覧アプリを紹介します。

やる夫まとめリーダー
一番使用頻度の高いアプリ。
やる夫まとめサイトの記事をiPhone用に変換して表示するアプリで新着作品をいち早くチェックできる。
タテヨコ好きな向きでの表示や全画面表示ができる為、非常に読み心地が良い。
さらに特筆すべき点がブックマーク機能、読んでいる作品に新着作品がUPされていれば表示され簡単に分かるようになっています。
このようにいい事ずくめなこのアプリですが、あくまでやる夫まとめサイトを読むアプリである為まとめられていない作品は読む事が出来ないという難点もあります。

やるブラ
こちらのアプリは表示されたサイトをAAのズレを直してiPhone用に変換するアプリ。
その為、やる夫まとめリーダーと違いやる夫板から直接読めるのが利点。
しかし、使い勝手が悪く変換スピードも遅い。
やる夫板EXなどを表示すると変換だけで5分程掛かってしまいます。
それでも、携帯で安価スレを読める利点は大きく愛用しています。
category
雑記
  • 2013⁄01⁄09(Wed)
  • 06:03

やる夫の適当P4 

やる夫の適当P4 
変態でコミュ障なやる夫が主人公なペルソナ4、まともな絆が築けない為イゴールにも見放されベルベットルームに招かれないやる夫。
ペルソナもその精神性通り伊藤誠
また、一緒に戦う事となる仲間たちもさらに酷い。
原作では真なる我を受け入れて皆、立派な人間になって行くが今作では真逆。
真なる我が尽くクズ達、その為それを受け入れることで皆クズ化。
ペルソナも月はムスカ、澪は安藤、白井黒子は熊先生とその精神を忠実に再現。
戦闘も基本クズ達による足の引っ張り合いで、全く心が成長しない為一向にレベルが上がらない。
ヒロインコミュもあるのだが、ヒロイン枠が澪と黒子である為喜ばれない。
助けなければ良かったとスレ民から言われるヒロインも中々珍しいです。

先日ついに完結を迎えたので追記。
リセ役のマミさんと、完二役のやらない夫、そして直斗役のロールシャッハを新たに仲間に加え最後のアメノサギリとの決戦を迎える事となります。
最初はリセポジという事でヒロインとして期待されたマミさん、しかしこの作品らしく本性は残念。
原作通りやる夫に惚れる事は惚れるが本性があまりに残念すぎてやる夫に引かれ、ブロークン。
また、ロールシャッハも陰謀論を信じ共産主義者を憎むという危ない思想の持ち主。唯一やらない夫だけまともだがホントにロクな奴がいないPT。
特に酷いのがやはり澪さん、終始ブレないクズっぷりが逆に素敵、最後は微妙にデレて屑デレという新ジャンルを開拓します。
そんな中でもコミュを進め、成長しているかは分からないがペルソナは強くなって行くやる夫達。
そして町にまで溢れ出した霧の影響により町の人々まで本性を露わにして行きます。
ここまでラスボスを勝たせた方がいいんじゃと思う作品も珍しい。
出てくるキャラほぼ全てがダメ人間であり、その残念さ加減が面白い作品です。
category
やる夫スレ
tag
コメディ
  • 2013⁄01⁄06(Sun)
  • 11:31

カナは王妃様

カナは王妃様
魔王であるやる夫が王女である金糸雀をさらってきたことから始まるラブコメディ
やる夫本人は、悪の魔王としてカナを攫ったにもかかわらず丁度クーデターの最中であったため王女を救った形となりカナはベタ惚れ、さらに王女を我が物にするといったことから勘違いは加速、即入籍となります。
悪の魔王として振る舞おうとしてもやることなすこと全て好意的に解釈されてしまうやる夫、四天王もそんな状況に対し悪乗りしさらに悪化、どんどん平和となっていく魔王領。
カナも夫を立てるために積極的に行動を起こすためカナの母国と国交が結ばれたり、勇者が配下になったりとやる夫の理想から離れていきます。
また、やる夫自身の性格も根っからの善人らしくやる夫の魔力を使って剣を作ったら聖剣となったり、勇者の悪に対する結界が全く無反応だったりと色々とおかしい。
必死に悪の魔王となろうとするがうまくいかない善人やる夫の苦悩が面白い作品。
category
やる夫スレ
tag
コメディ
  • 2013⁄01⁄03(Thu)
  • 08:59

やる夫のデスゲーム挑戦録【SAO】

やる夫のデスゲーム挑戦録
色々な小ネタを安価により作っていくやる夫のコネッタパーティー!!というスレで生まれたSAO作品。
主にキャラクターの職業とスキルそして攻略方法を安価で決定していくというスタイル。
一応SAOではなくオリジナルのMMOにおけるデス・ゲームとなっている為魔法が存在するが、出てくるキャラはほとんどSAOキャラ。
デス・ゲームに巻き込まれた職業聖剣士なやる夫が幼馴染のキャスコ、そしてPTを組んだキリト・アスナと共にクリアーを目指すという話。
しかし、ひたすらイチャイチャするやる夫とキャスコや原作以上に廃人で効率厨で攻略に興味ないキリトさんなどてんでバラバラ。
また難易度もひたすら高く次々と殺されていく攻略組の仲間たち、そんな中キバオウとディアベルの二人が中心となって一つにまとめ上げて行きます。
ここまでキバオウさんが輝いてるスレも珍しい。
最初はチーター、チーターいうだけのタダのツッコミ役だったキバオウだが、職業が棘重装備兵という頼れるタンクとなり常にリーダーとして攻略組を引っ張っていきます。
そんな彼らに影響されたのか次第に本気になっていくやる夫PT、そして生き残った攻略組で挑むヒースクリフとの最終決戦。
ラストバトルがひたすら熱い作品、安価で取られた死にスキルが伏線となり次々とヒースクリフを追い詰めていく様は圧巻、そして締めはやはりキリトさんのスターバースト・ストリーム、ここまで熱い安価作品は初めてかもしれない。
category
ソードアートオンライン