RSSはこちら

日々、SS

やる夫スレ、SSの紹介をします。このサイトはリンクフリーです。どのページにでもご自由にリンクをお貼りください。相互リンクを希望される場合は、ご連絡ください。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2013⁄04⁄03(Wed)
  • 05:43

俺、ツインテールになります。 ラノベ


観束総二は異常なほどツインテールを愛する普通の高校生。
 ある日、彼の前に異世界から来たという謎の美少女・トゥアールが現れる。それと時を同じくして、総二の住む町に怪物たちが出現!
 「ふははははは! この世界のすべてのツインテールを我らの手にするのだ!」
 彼らは人々の精神エネルギー『属性力』を糧に生きる異世界人だった。トゥアールから、強力なツインテール属性で起動する空想装甲『テイルギア』を託された総二は、幼女のツインテール戦士・テイルレッドに変身!
 この日から、テイルレッドと変態たちとの常軌を逸した戦いが始まった!
--- 説明文引用
ts幼女によるヒーローものということで興味をもち購入。
本作の特色としては、まず登場人物が変人奇人しかいない点。
まず敵であるアルティメギルが求めている精神エネルギー属性力がブルマや巨乳、貧乳属性といったいわいるフェチ属性である時点で色々とおかしい。
そして、主人公である観束総二は属性力の中で最強であるツインテール属性を最も愛する男。
そんな彼がTS幼女であるテイルレッドに変身しアルティメギルと戦うこととなる。
その為TSによる戸惑いなどは殆どなくむしろ、最高のツインテールに慣れたことを喜ぶ始末。
主人公だけでも充分キャラがたっているとは思うが、主人公を慕うヒロイン2人が酷すぎてむしろ影が薄くなってしまっている。
アルティメギルに滅ぼされた世界の科学者であり主人公の貞操を付け狙う変態処女ビッチ、トゥアールと幼馴染である愛香、彼女達により毎度繰り広げられる殺し合い寸前の主人公をめぐるどつき漫才が面白すぎる。
また、ストーリー事態もアルティメギルが狙っているものが属性力であるという点以外は、熱血ヒーローもので一巻ラストのボス戦は非常に熱いです。
スポンサーサイト
category
オリジナル
  • 2013⁄03⁄31(Sun)
  • 11:04

猿男に憑依。ベルセルク 憑依系

猿男に憑依。
中々珍しいベルセルクの二次創作作品。
ガッツがゾッドの次に出会った使徒である黒犬騎士団団長、ワイアルドに憑依した主人公。
猿と犬の中間見たいな容貌で使徒形態は弱点である本体部分が丸出しというイマイチ微妙な性能、原作でもガッツに対し使徒の脅威は見せつけたがその後ゾッドに瞬殺されるなどいわゆる噛ませキャラ。
本作では憑依ということで使徒としての性能に奢ることなく棍棒術を鍛え上げ強キャラ化、さらに部下である黒犬騎士団の団員たちもハートマン軍曹張りの地獄の猛特訓により性根を叩き直しオールマッチョ化。
ワイアルドが一応現代人の感性を持っている為原作とは異なり非常に品行方正な黒犬騎士団しかし、酒が入ると一転してはっちゃけます。
最初は原作通り鷹の団を追跡することとなったワイアルドだが、団員含めて人間やめてるレベルまで強化された団員たちにより絶望感は倍化、しかしもとより殺す気のないワイアルドサイドではギャグにしかならない。
鷹の団壊滅後は酒に酔った勢いで使徒を殺したり、山賊殺してお宝を巻き上げたりといろいろフリーダムに活動。
ガッツ側からしてみれば使徒にもかかわらず要所要所では助けてくれるというよく分からない存在に。
鬼畜なベルセルク世界でどこまでも自由に生きるワイアルドさんが素敵な作品。

category
その他のSS
  • 2013⁄03⁄19(Tue)
  • 06:22

古明地さとりが天下をさとるようです

古明地さとりが天下をさとるようです
古明地さとり
を主人公とした戦国モノの安価スレ。
原作通り人の心を読めるという特殊能力を持ったさとり、その能力ゆえ人間不信となり古明地家の跡取りにも関わらず引き籠り生活送る。
両親が隣国の蒼天家に討たれたことで当主として担ぎ出されます。
両親が死亡した際に降伏派は妹であるこいしが全て粛清したため家臣ゼロ、また引き籠り生活により能力も最低ランクで滅亡寸前からスタート。
豆腐メンタルにより人材集めさえ四苦八苦し、悪評を聞く度に挫けかけるさとり、それでも集まった家臣たちは新城やブローノ・ブチャラティなど何故か男ばかりで女っ気が殆どない。
また安価により敵勢力を決定するため古明地家を囲む勢力が色々とカオスに、四方八方にとにかく喧嘩を売るシグルイ家や自分たちの正義のみを信じるトニー・スタークを当主とするマーベル家など癖のつよい勢力ばかり。
そして最もヤバイのが将軍家、将軍としてスターリンが選択されたことから赤い将軍家が成立、コミンテルン幕府という余りにきな臭い名前に。
最初は頼りなかったさとりも蒼天家やシグルイ家との戦いの中で次第に成長して行きます。
最近では領国経営も軌道に乗り出し目下の問題はさとりの婿を誰にするかという点、しかし婿の最有力候補が隣国獣王家の当主クロコダイン
登場当初は噛ませキャラとして即下克上に合うかと思われたクロコダインだがさとりと妙に相性が良く人気急上昇。
クロコダインとさとりという余りにも珍しいカップリングが成立しそうで今後が楽しみな作品。
category
やる夫スレ
  • 2013⁄03⁄14(Thu)
  • 17:04

やる夫剣風帳

やる夫剣風帳
悪鬼とそれを狩る鬼斬りがいる世界観における現代伝奇ものの安価作品。
悪鬼と人間のクォーターとして生まれたやる夫、爺さんが奴良リクオであり生まれながらにして莫大な霊力を持ったために悪鬼から狙われることとなります。
それまで一般人だったやる夫だが、鬼斬りの少女真紅に命を助けられたことから自らも鬼斬りの道へと進んでいきます。
装甲悪鬼村正の要素が多々あり、鬼斬りはそれぞれ名刀を持ちその刀に由来する陰義を使用し、AAの関係上か劔冑はさすがに登場しないが村正で出てきた刀が多数登場。
例えば真紅の場合原作では仕手に恵まれず序盤で消えた真改さん。
出番が少ないにもかかわらずその散り際の格好良さから妙な人気がある真改、今作ではメインヒロインである真紅の愛刀として活躍しています。
また、一応鬼斬りとして戦っているやる夫だがクォーターということで悪鬼側に転ぶ事も可能らしく今後の展開がなかなか楽しみな作品。
category
やる夫スレ
  • 2013⁄03⁄09(Sat)
  • 16:57

やらナイトスプリングス

やらナイトスプリングス
以前紹介したそう、ここはナイトスプリングスと同様にアランウェイクというゲーム上で上映されるナイトスプリングスというテレビ番組をやる夫作品としてリメイクしたもの。
奇妙な闇の世界に捉われる事となる主人公であるアラン、その行く先々でテレビが設置されておりナイトスプリングが上映されます。
ナイトスプリングスとは作家であるアランがかつて脚本を担当したテレビ番組であり、その内容としてはナイトスプリングスという世界で引き起こされる奇妙な小話。
一応本編と関係ありそうな話題が流れるが基本的にはこれ単体で見れます。
アランウェイク本編は闇の存在に攫われた妻アリスを救う為に闇の世界をさまよう事となります。
本編ではあくまで闇と描写され直接は言及されませんが明らかにクトゥルフの邪神を匂わせる展開が多々有り、このナイトスプリングスもクトゥルフ系の要素がだいぶ詰め込まれているように感じられます。
全6話でサクッと読め、また原作の雰囲気もよく出ているのでなかなか楽しめました。
category
やる夫スレ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。